辻調グループ校 卒業生ネットワーク Compitum
HOME
辻調グループ校 辻調グループ校
コラム&レシピ
あなたの食べたいもの何ですか?<提案編> コック・オ・ヴァン 西洋料理教授 斉藤直樹
ポール・ボキューズとアラン・デュカスのコック・オ・ヴァン レシピ比較
  ポール・ボキューズ
Cuisine des régions de France
アラン・デュカス
Le Grand Livre de Cuisine d'Alain Ducasse
  ( Bistrots, Brasseries et Restaurants de tradition )
  (8人分) (6人分)
ブレス産雄鶏(3kg) 雄鶏(2.6 〜2.8 kg)
マリネ液用
香味野菜
玉ねぎ、にんじん
にんにく、タイム、ローリエ
玉ねぎ、にんじん
エシャロット、セロリ
にんにく、タイム、ローリエ、
パセリの茎
粒こしょう、挽きこしょう
ワイン ブルゴーニュ産赤ワイン パス=トゥー=グラン
(ブルゴーニュ産赤ワイン)
コニャック   コニャック
出し汁   鶏の茶色い出し汁
火通し 2時間 2時間
つなぎ   鶏の血
付け合わせ シャンピニョン
小玉ねぎ
ベーコン
食パン
シャンピニョン(ブトン・ド・ゲートル)
小玉ねぎ(グルロ)
塩漬け豚ばら肉(薄塩)
油脂 ピーナッツ油 バター、ぶどうの種油
その他 パセリ
塩、こしょう
ワイン酢
塩の花、こしょう
     
 
料理:斉藤直樹
フランスを代表する2人の料理人、ポール・ボキューズ氏(1926〜)とアラン・デュカス氏(1956〜)のコック・オ・ヴァンのレシピを表にまとめてみました。見比べると、時代による食材の変化、また、料理に対する考え方の変化が見えてきます。たとえば、ボキューズ氏は、出し汁は使わずに赤ワインだけで煮込む、純粋な赤ワインの煮込みとして紹介されています。一方デュカス氏は、鶏の茶色い出し汁を加えて旨みをまし、料理の完成度を高めています。コック・オ・ヴァンは現代では柔らかい若鶏を使用する事が多く、じっくりと煮込む必要がない反面、鶏の旨みが出にくいので、私も今回は出し汁を加えました。また、ソースの濃度をつけるためのつなぎに関しては、デュカス氏が古典的な方法である鶏の血を使用していることに驚きました。日本では鶏の血は手に入りにくいので豚の血で代用することが多いのですが、どうしても生臭さが出たり、衛生面での問題、また、料理の変化(時代の流れで重い料理が敬遠されるようになった)によって使うことは少なくなり、現代では、小麦粉でつなぐか、小麦粉とバターを捏ね合わせたブール・マニエを使用するのが一般的です。今回は、ソースを煮詰めたところにバターを加えてこくと濃度をつけ、さらに軽く仕上げてみました。
コック・オ・ヴァンは赤ワインで有名なブルゴーニュ地方の料理として知られていますが
、他の地方に目を向けると、フランドルやサヴォワ、アルザス、ガスコーニュ、シャンパーニュ、ジュラなど、各地にその土地の酒を使った鶏の煮込みがあります。是非とも今後、チャレンジしてみたいと思います。


 
< 私の“提案”
■名菜シリーズ
■セパージュを飲む
■あなたの食べたいものは
 なんですか?「提案編」

■あなたの食べたいものは
 なんですか?

■海外からのレポート
■Dr.クリンネスから一言
■コーヒーを考える
■主任教授の知識を盗む
     
コンピトゥム会員NET
コンピトゥム公式Facebook
INFOMATION

住所・電話番号など登録情報の変更、メールアドレスの変更などがございましたら、「コンピトゥム会員NET」からログインして変更をお願いいたします。

IDやパスワードをわすれた場合などで、ログインできない場合

compi@tsuji.ac.jp までメールでお問合せください。 その際、メール件名に「コンピトゥム会員NETのIDとパスワード問合せ」、本文に、「氏名(フルネーム)」、「生年月日」、「最終卒業校」、「問い合わせ内容」を明記してお問い合わせください。

 
   
主催イベント・講習会
■イベント情報一覧
■総会
 
辻調情報
■証明書の発行について
■授業料減免制度
 
卒業生情報
卒業生のお店情報
■卒業生の活躍情報
■特集・トピックス
 
入会・会員情報変更
■コンピトゥムとは
■コンピトゥム新規入会申込
■コンピトゥム会員情報の変更
 
開業開店サポート情報
■製菓衛生師試験日程情報
■開業事例集
■役立つリンク集
 
食のコラム
■食のコラム
 
  compitum archive
 
  おいしいネット
 
  ボキューズ・ドール
 
  フランス校
   
  通信教育講座  
   

 ■プライバシーポリシー
辻調グループ校
This Home Page is
brought to you byTSUJI GROUP
To Contact:compi@tsuji.ac.jp

Copyright(c)1997 TSUJI Group
Tel:06-6629-6452