辻調グループ校 卒業生ネットワーク Compitum
HOME
辻調グループ校 辻調グループ校
コラム&レシピ
海外からのレポート マイペンライ vol.11
国内至るところに掲げられる
国王陛下の肖像画。

民衆もこの日は、
黄色の服を着る人が多い。

この日ばかりは、外人旅行客を
目にすることはない・・・

派手に装飾された
王宮周辺の道路。肖像は王妃。

王宮横の広場では、
なぜかコントや踊り、
ライブが繰り広げられる。

 
 
 

王様とクリスマスとお正月
 
 

 タイでは毎朝8:00と毎夕刻18:00の1日2回、特別な時間が訪れる。
 全てのテレビ・ラジオ各局を始め、駅、公園、デパート等の公的な場所で
タイ国歌が同時に流れる。国歌が流れ始めたら、例え外国人であっても国歌が終わるまでその場に立ち止まり、直立不動で国歌を聴かなければならない。ちなみに、タイの映画館では、上映前に必ずタイ国王賛歌が流れ、やはり直立不動で聴かなければならない。タイ国歌や国王賛歌は<タイ国、そして国王を愛し、敬い、その為にはわが身をも捧げる>という内容の歌である。例えば、タイ人が暮らす家には、“ほとんど”と言っていいほど、国王陛下の写真や肖像が掲げられている。また、去る12月5日は現国王プーミポン・ラマ9世の御生誕日であったのだが、この日が近づくにつれて、バンコクのみならず国内の至る所に国王陛下の肖像が掲げられ、タイ全土が祝賀ムード一色に包まれる。御生誕日には、バンコク市内にある王宮周辺にタイ全土から人が押し寄せ、たいへんな賑わいを見せてくれる。それほど、タイ国王は国民に敬愛され絶対的な存在として君臨し続けているのである。
 
 

 しかし、このお祝いムードが12月5日を過ぎても終らないところが、“タイ人らしさ”
(=マイペンライ)である。6日以降は、国王陛下の肖像の隣に“新年おめでとう!!”(基本的には旧正月を祝うのが慣例なのだが…)の他に、“メリークリスマス”の看板や札をよく見かける。ほとんどのタイ国民は敬虔な仏教徒なのであるが、バンコク市内においては日本と同様にキリスト教の行事であるクリスマスを祝う市民が増え、今では完全な習慣となってしまっている。とにかく、お祝い事が大好きなタイ人にとっては、どのようなかたちでもお祝い事が増えるのであれば、マイペンライなのであろう。
 
 

 しかも、タイ人がお祝い事をするときは、徹底して
派手である。バンコク市内の中心部には、巨大で煌びやかなクリスマスツリーを設置するだけではなく、“クリスマス & 新年おめでとう!!”の貼り紙を金色にしたり、建物にはド派手な電飾を施すなど、「ここは本当に仏教国なのか?」と戸惑ってしまうほどである。
 
 

 ことお祝い事になると、タイ人の
マイペンライ精神はさらに加速する。“メリークリスマス & ハッピーニューイヤー”という各種装飾物は、毎年3月〜4月頃まで街中でよく目にする。極端なところでは、一年中“メリークリスマス&ハッピーニューイヤー”という垂れ幕をさげている飲食店もある。「何で3月を過ぎても平気で飾っているの?」と一度タイ人に疑問をぶつけたことがあるのだが、「お祝い事でしょ。マイペンライ!」とだけ返って来た。確かにマイペンライなのだが…。


       
   

[筆者]
鈴木孝一郎 〔辻調理師専門学校 1998年度卒業・39期生〕  
現在26歳。タイ王国・バンコクにある日本料理店で勤務をする傍ら、
時間を見つけてはいわゆる“タイめし”を食べる生活を続けている。
2006年3月に日本帰国。現在、新たな活動を模索中。
個人でタイ料理のホームページも作成しており、
数多く「タイの日常食」が紹介されている。

HP “Let's cook Thailand” 
http://cookthailand.web.infoseek.co.jp/

ブログ“Let's cook Thailand” 
http://cookthai.exblog.jp/

意見・感想等はこちらまで↓
E-mail kousuzuki@hotmail.com


筆者近影 
タイ料理屋台の
おっちゃんと共に


海外からのレポート バックナンバー
from 北京 鈴木稔さん
辻調理師専門学校 1994年卒業
辻調理技術研究所 1995年卒業
  ■来自北京   Vol.4 春節が過ぎてはじめて新年 激動の一年がようやく幕を閉じます
■来自北京   Vol.3 「安心・安全をお届けします」 食品安全問題に立ち向かう企業
■来自北京   Vol.2 金メダル獲得国も過去最多に北京五輪が投げかけたメッセージ
■来自北京   Vol.1 オリンピック開催間近 変わりゆく街、北京より
     
from ドイツ 小畠利雄さん
辻調理師専門学校
フランス校調理
     
from ネパール 沖館泰賢さん
エコール辻大阪 フランス・イタリア料理課程5期生
フランス校調理22期生
     
from スイス from スイス 下平庄吾さん
辻調理師専門学校34期生
     
from オーストラリア from オーストラリア 押永栄夫さん
辻調理師専門学校 夜間部21期生
     
from タイ from タイ

鈴木孝一郎さん
辻調理師専門学校 39期生 

  ■マイ・ペン・ライ〜 最終回 「マイペンライ」はマイペンライ!?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.13 鳥インフルエンザとタイ
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.12 ビールが・・・うまいっ!!
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.11 王様とクリスマスとお正月
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.10 台所が・・・無い!?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.9 ヌーベル・キュイジーヌ・タイランド
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.8 人も歩けば犬に当たる?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.7 タイからお酒が消える日
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.6 タイ米のお話
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.5 タイ人の味覚“辛い!辛い!辛い!”
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.4 タイ料理論 その2
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.3 タイ料理論 その1
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.2 今回ばかりは“マイペンライ”といきそうにも無い。
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.1 「タイ」という国は非常に面白い所である。
■名菜シリーズ
■セパージュを飲む
■あなたの食べたいものは
 なんですか?「提案編」

■あなたの食べたいものは
 なんですか?

■海外からのレポート
■Dr.クリンネスから一言
■コーヒーを考える
■主任教授の知識を盗む
     
コンピトゥム会員NET
コンピトゥム公式Facebook
INFOMATION

住所・電話番号など登録情報の変更、メールアドレスの変更などがございましたら、「コンピトゥム会員NET」からログインして変更をお願いいたします。

IDやパスワードをわすれた場合などで、ログインできない場合

compi@tsuji.ac.jp までメールでお問合せください。 その際、メール件名に「コンピトゥム会員NETのIDとパスワード問合せ」、本文に、「氏名(フルネーム)」、「生年月日」、「最終卒業校」、「問い合わせ内容」を明記してお問い合わせください。

 
   
主催イベント・講習会
■イベント情報一覧
■総会
 
辻調情報
■証明書の発行について
■授業料減免制度
 
卒業生情報
卒業生のお店情報
■卒業生の活躍情報
■特集・トピックス
 
入会・会員情報変更
■コンピトゥムとは
■コンピトゥム新規入会申込
■コンピトゥム会員情報の変更
 
開業開店サポート情報
■製菓衛生師試験日程情報
■開業事例集
■役立つリンク集
 
食のコラム
■食のコラム
 
  compitum archive
 
  おいしいネット
 
  ボキューズ・ドール
 
  フランス校
   
  通信教育講座  
   

 ■プライバシーポリシー
辻調グループ校
This Home Page is
brought to you byTSUJI GROUP
To Contact:compi@tsuji.ac.jp

Copyright(c)1997 TSUJI Group
Tel:06-6629-6452