辻調グループ校 卒業生ネットワーク Compitum
HOME
辻調グループ校 辻調グループ校
コラム&レシピ
海外からのレポート マイペンライ vol.5
ナム・プリック
 タイの家庭なら何処にでもある激辛保存食
唐辛子やにんにく、香草などなんでも
これ一つですりつぶす
タイの食堂でよく目にかける生野菜&香草類セット
  タイ人の味覚“辛い!辛い!辛い!”
 
 前回もお伝えした通り、タイ料理の中には辛くない料理も多々あるが、やはり唐辛子を使ったタイ料理はとことん辛い。ホント〜に辛い!

 タイ人と日本人とでは根本的に辛さに対する感覚が違うように感じる。「子供の頃からいったいどれほど辛いものを食べ続けてきたんだ?」と不思議に思うくらい、タイ人たちは‘超激辛料理’を汗ひとつかかず「辛いね〜、でも美味しい〜!」とか何とか言いながら、ニコニコしながら食べている。さすが“微笑みの国” タイランド。

 どのタイ家庭の食卓にも常備されている食材で「ナム・プリック」と呼ばれるものがある。これは直訳すると「唐辛子の水」の意味で、唐辛子を主材料として作られるペースト(唐辛子味噌?)のようなもので、もちろんその名から想像できるように非常に辛い!!! 各家庭によって味は異なるとは言え、間違いなくどこの家庭で作られているものも辛い!!!日本人が食事の時に漬物(例えば韓国人ならキムチ)を食べるのと同じような感覚で、タイ人はこれをよく御飯にのせたり、生野菜に直接つけて食べる。やはり、タイ人にとって「辛い」という風味は特別なものであり、タイ料理において唐辛子は欠かすことのできない重要な食材なのである。

 さて、ここで一つの疑問。タイ人の舌が耐えられる辛さに限界はあるのだろうか?結論からいうと、「タイ人でも辛くて我慢出来ない時はある」。
そこで、タイ人に質問。「辛い料理を食べて、あまりの辛さに我慢できない時はどうするの?」
その結果は、
 その1 常温の水を飲む。
 その2 甘いもの(砂糖、果物や菓子)を口にする。
 その3 付け合せの生野菜(香草類)を口にする。
 その4 とりあえず我慢して、しばらく辛い料理は食べない。

 科学的な事実によると、唐辛子の辛味成分である“カプサイシン”は水に強い成分で、100万倍に薄めても辛味を感じることが出来るほどだそうである。つまり、「辛い!!」と感じて水を飲むのは、口いっぱいに辛味を広げてしまうだけで、辛さを消す効果はないようである。しかし、そうはいっても「辛いときは水を飲んで我慢するタイ人」が多数であり、かくいう私もそうしている。

 さて、ところ変わって、
バンコクの日本料理店。
刺身を注文する多くのタイ人は、大量の山葵を要求し、醤油の色や濃度が著しく変わる位まで山葵を溶かしている。先日は、なんと山盛り山葵に七味唐辛子を振り掛けて食べる豪傑タイ人を発見…。うどん等の汁物には、表面が真っ赤になるほどの分量の唐辛子を入れたり、卓上にある七味唐辛子をまるで“ふりかけ”の様にして白飯の上に大量にかけて、神戸牛ステーキ(タイでも『KOBE』が和牛の代名詞)とトロ刺身を食しているリッチなタイ人もいる。傍で見ている者にしてみれば「オイオイ」と突っ込みたくもなる光景であるが、“郷に入れば郷に従え”。ここはぐっと堪えて「マイペンライ!」
       
   

[筆者]
鈴木孝一郎 〔辻調理師専門学校 1998年度卒業・39期生〕  
現在26歳。タイ王国・バンコクにある日本料理店で勤務をする傍ら、
時間を見つけてはいわゆる“タイめし”を食べる生活を続けている。
2006年3月に日本帰国。現在、新たな活動を模索中。
個人でタイ料理のホームページも作成しており、
数多く「タイの日常食」が紹介されている。

HP “Let's cook Thailand” 
http://cookthailand.web.infoseek.co.jp/

ブログ“Let's cook Thailand” 
http://cookthai.exblog.jp/

意見・感想等はこちらまで↓
E-mail kousuzuki@hotmail.com


筆者近影 
タイ料理屋台の
おっちゃんと共に


海外からのレポート バックナンバー
from 北京 鈴木稔さん
辻調理師専門学校 1994年卒業
辻調理技術研究所 1995年卒業
  ■来自北京   Vol.4 春節が過ぎてはじめて新年 激動の一年がようやく幕を閉じます
■来自北京   Vol.3 「安心・安全をお届けします」 食品安全問題に立ち向かう企業
■来自北京   Vol.2 金メダル獲得国も過去最多に北京五輪が投げかけたメッセージ
■来自北京   Vol.1 オリンピック開催間近 変わりゆく街、北京より
     
from ドイツ 小畠利雄さん
辻調理師専門学校
フランス校調理
     
from ネパール 沖館泰賢さん
エコール辻大阪 フランス・イタリア料理課程5期生
フランス校調理22期生
     
from スイス from スイス 下平庄吾さん
辻調理師専門学校34期生
     
from オーストラリア from オーストラリア 押永栄夫さん
辻調理師専門学校 夜間部21期生
     
from タイ from タイ

鈴木孝一郎さん
辻調理師専門学校 39期生 

  ■マイ・ペン・ライ〜 最終回 「マイペンライ」はマイペンライ!?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.13 鳥インフルエンザとタイ
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.12 ビールが・・・うまいっ!!
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.11 王様とクリスマスとお正月
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.10 台所が・・・無い!?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.9 ヌーベル・キュイジーヌ・タイランド
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.8 人も歩けば犬に当たる?
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.7 タイからお酒が消える日
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.6 タイ米のお話
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.5 タイ人の味覚“辛い!辛い!辛い!”
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.4 タイ料理論 その2
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.3 タイ料理論 その1
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.2 今回ばかりは“マイペンライ”といきそうにも無い。
■マイ・ペン・ライ〜 Vol.1 「タイ」という国は非常に面白い所である。
■名菜シリーズ
■セパージュを飲む
■あなたの食べたいものは
 なんですか?「提案編」

■あなたの食べたいものは
 なんですか?

■海外からのレポート
■Dr.クリンネスから一言
■コーヒーを考える
■主任教授の知識を盗む
     
コンピトゥム会員NET
コンピトゥム公式Facebook
INFOMATION

住所・電話番号など登録情報の変更、メールアドレスの変更などがございましたら、「コンピトゥム会員NET」からログインして変更をお願いいたします。

IDやパスワードをわすれた場合などで、ログインできない場合

compi@tsuji.ac.jp までメールでお問合せください。 その際、メール件名に「コンピトゥム会員NETのIDとパスワード問合せ」、本文に、「氏名(フルネーム)」、「生年月日」、「最終卒業校」、「問い合わせ内容」を明記してお問い合わせください。

 
   
主催イベント・講習会
■イベント情報一覧
■総会
 
辻調情報
■証明書の発行について
■授業料減免制度
 
卒業生情報
卒業生のお店情報
■卒業生の活躍情報
■特集・トピックス
 
入会・会員情報変更
■コンピトゥムとは
■コンピトゥム新規入会申込
■コンピトゥム会員情報の変更
 
開業開店サポート情報
■製菓衛生師試験日程情報
■開業事例集
■役立つリンク集
 
食のコラム
■食のコラム
 
  compitum archive
 
  おいしいネット
 
  ボキューズ・ドール
 
  フランス校
   
  通信教育講座  
   

 ■プライバシーポリシー
辻調グループ校
This Home Page is
brought to you byTSUJI GROUP
To Contact:compi@tsuji.ac.jp

Copyright(c)1997 TSUJI Group
Tel:06-6629-6452