辻調グループ校 卒業生ネットワーク Compitum
HOME
辻調グループ校 辻調グループ校
特集・トピックス
地方便り・岡山〜 岡山県のFood Battleってご存知ですか?
     
 今年で4回目を迎えるこのバトルは、業種を超えた若い料理人達が岡山の名産品となるFoodを生み出すために戦うイベントです。
 主催の母体は《岡山ふるさとクラブ》。コンセプトは「歴史は大切な財産であり、守るべきものであると同時に作る事もしなければ文化は止まってしまう。岡山といえば、吉備団子、白桃くらいで、大阪の“たこ焼き”や広島の“お好み焼き”に匹敵するような岡山名物がない。そこで新たにそういったものを開発する」というもの。
 
岡山県『ふるさとクラブ』主催
第4回Food Battle


岡山ガスショールーム
『アスパラガス』のキッチン
   4月18日(火)岡山駅前の岡山ガスショールーム〈アスパラガス〉で開催されました。
 今回の課題食品は岡山県産「おかやま地どり」。仕込みはそれぞれの店で行い、会場では30分間で最終の仕上げをし、盛り付けられた作品を試食審査します。

 発想とスキルのシンプルさ、そして、もちろん風味を審査される「課題部門」と参加料理人がそのスキルをすべて出し切れたか、また自店にて看板料理として商品化できるかを問われる「自由部門」とが設定され、特別審査委員:5名(岡山ガス(株)亀山 憲一、岡山県議会議員 佐藤 真治、加茂川町せんたろう公社 石坂 博司、岡山県総合畜産センター 森 尚之、辻調理師専門学校 肥田 順)一般審査委員:18名によって審査が実施されました(9時〜13時:課題料理の審査、13時〜14時30分:自由作品の審査)。

 また、同時にショールーム前にテントを設け、一般の方々に試食の販売(1品¥200)も行われました。

 
特別審査員左より
亀山、さとう、石坂、森、肥田
街頭で行われた試食販売、
選手が作った物と同じ料理を1食¥200で販売。


 審査の結果、現在「コンピトゥム岡山支部」設立のための準備室も担当されている『アペティート』オーナーシェフ戸田 崇史氏(辻調理師専門学校1990年卒業30期生)が課題部門、自由部門の2部門で優勝を勝ち取られました。

 
課題作品優勝
「おかやま地鶏」を使った
《○飯
(ワッパメシと読みます)の町おかやま》
味噌漬けにした鶏を焼き、ご飯と一緒に蒸篭で蒸す。
トッピングは錦糸卵、のり、胡麻。
茶碗にとって出汁を掛けて食べても良い。
「1品で2度楽しめる」がセールスポイント。
自由作品優勝
《鶏姫鶏の胸肉とマンゴーのサラダ仕立て、
ガラムマサラ風味のヨーグルトのソース》
胸肉を65度の真空調理にし、
ヨーグルトにガラムマサラ、レモングラスで風味をつけた
ソースを細長いグラスに入れ
ドライアイスを入れて運ぶ。

 
2部門に優勝した、
《アペティート》オーナーシェフ戸田氏。
両手に2つのトロフィーを持って、
嬉しさいっぱいの戸田氏。

特別審査員の一人、辻調グループ校の西洋料理主任教授で、
コンピトゥム事務局長でもある肥田順氏のコメント:


バトルというのはお互いが切磋琢磨できるので双方のスキルが向上すると思います。とてもいいシステムです。また、このように地場の産物にスポットをしっかりとあてようという傾向は、フランスでもアラン・デュカス氏などが“フード・フランス”といった取り組みで積極的に行っていますし、これから益々活発化するのではないでしょうか。その地方の野菜や食肉などを使って美味しい料理をつくる。料理が人々に迎えられるということはその素材も迎えられるということですから。まさに地産地消でしょうね。料理人と生産者の結びつきはこれから加速されないといけないと思います。コンピトゥムでもできるだけ多くの地方でのこういった動きには参画していきたいと考えています。

TOPICS バックナンバー
■ニューヨーク研修旅行
■外国で活躍する卒業生から東日本大震災の支援活動とメッセージが届きました
■Les Souvenirs d’un voyage 2011 Par Compitum 「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011」&
  「ボキューズ・ドール 国際料理コンクール2011」応援ツアー

■ボキューズ・ドール 日本代表 中洲達郎氏 壮行会レポート

■コンピトゥム主催 辻調グループ校 創立50周年パーティ 大阪レポート
■Les Souvenirs d’un voyage 2009 Par Compitum パリのマルシェ(市場)とネオビストロ巡り
■第6回中国料理世界競技大会 本校、石川智之助教授、中国料理世界大会で特金賞(最高賞)に輝く!
■研修旅行『アルケッチャーノ』奥田シェフを訪ねて
■ボキューズ・ドールアジア2008佐々木康二氏がアジア予選優勝!!
■第14回日経レストラン メニューグランプリ中田貴紀氏(辻製菓専門学校9期生)がグランプリ受賞!!
■第3回コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs d'un voyage 2008」<パリのお菓子屋さん巡り>
■ボキューズ・ドール国際料理コンクール2009佐々木康二氏が日本代表に選出!!
■フランス3ツ星レストラン"Restaurant PIC" 来日フラッシュメモリー
■第2回コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs d'un voyage 2007」
■開店20周年&出版記念 特別講習会 〜『ポンテベッキオ』の魅力〜
■『オ・グルニエ・ドール』 西原金蔵 氏 新年を祝うフランスの伝統菓子【ガレット・デ・ロワ】講習会 レポート
■―故ベルナール・ロワゾーのエスプリを継承したシェフ―三ツ星レストラン『ルレ・ベルナール・ロワゾー』
 エグゼクティブシェフ パトリック・ベルトロン 講習会 レポート

■教壇から  フランス・ニース 一ツ星レストラン『ケイズ・パッション』オーナーシェフ 松嶋啓介氏
■レストラン『ケイズ・パッション』オーナシェフ 松嶋啓介氏インタビュー
■第3回FOOD FRANCE コンピトゥム特別プログラム 開催レポート
■コンピトゥム総会イヴェント レポート「料理とお菓子とワインのコンセンサス」−Chacun a son gout−
■フランス校1期生同窓会 四半世紀後の“シャトー・ド・レクレール”たち
■中国茶セミナー 講師:谷本陽蔵氏
■新日本料理講習会 講師:高田晴之氏 日本料理 たか田 八祥(岐阜)
■第2回FOOD FRANCE コンピトゥム特別プログラム 開催レポート
■パスカル・ロニヨン(レストラン『ル・ポンドシエル』料理長)講習会
■山根大助氏(調理21期生)イタリア政府よりカヴァリエレ叙勲!
■第2回FOOD FRANCE コンピトゥム特別企画のご案内
■快眠鮮魚ってナニ!?
■地方便り・岡山〜 岡山県のFood Battleってご存知ですか?
■「世代を超えた」辻調グループ校入学生
■日経レストラン「第12回 メニューグランプリ」 辻調グループ校卒業生“グランプリ”、“準グランプリ”を受賞!
■コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs dユun voyage」
■『本間るみ子のイタリアチーズ講座』 イタリアチーズ 〜入門〜
■コンピトゥム フランス旅行のご案内
■2005年11月22日 ポール・ボキューズ氏、来校!
■第46回西日本洋菓子コンテスト 参加レポート
■第15回コンピトゥム講習会の報告
■「第2回大阪府洋菓子技術コンテスト」卒業生及び職員の活躍を紹介
■辻調グループ フランス校の専任教授 エメ・ナレ氏とナセルディーヌ・メンディ氏 来校中!
■コンピトゥム愛媛県支部講習会 開催報告
■辻調コンピトゥム 愛媛支部 発足2周年 記念講習会
■日経レストラン 第11回メニューグランプリ 辻調グループ校卒業生が3大会連続グランプリを獲得
■「第5回中国料理大会」辻調グループ校卒業生が「金賞」獲得
■第13回「製菓・製パン分科会講習会」レシピー公開
■「2004世界料理オリンピックドイツ大会」総合順位2位 銀メダルを獲得!!
■特集
■トピックス
     

2017年 辻調グループ校友会 コンピトゥム総会
コンピトゥム会員NET
コンピトゥム公式Facebook
INFOMATION

住所・電話番号など登録情報の変更、メールアドレスの変更などがございましたら、「コンピトゥム会員NET」からログインして変更をお願いいたします。

IDやパスワードをわすれた場合などで、ログインできない場合

compi@tsuji.ac.jp までメールでお問合せください。 その際、メール件名に「コンピトゥム会員NETのIDとパスワード問合せ」、本文に、「氏名(フルネーム)」、「生年月日」、「最終卒業校」、「問い合わせ内容」を明記してお問い合わせください。

 
   
主催イベント・講習会
■イベント情報一覧
■総会
 
辻調情報
■証明書の発行について
■授業料減免制度
 
卒業生情報
卒業生のお店情報
■卒業生の活躍情報
■特集・トピックス
 
入会・会員情報変更
■コンピトゥムとは
■コンピトゥム新規入会申込
■コンピトゥム会員情報の変更
 
開業開店サポート情報
■製菓衛生師試験日程情報
■開業事例集
■役立つリンク集
 
食のコラム
■食のコラム
 
  compitum archive
 
  おいしいネット
 
  ボキューズ・ドール
 
  フランス校
   
  通信教育講座  
   
 ■プライバシーポリシー
辻調グループ校
This Home Page is
brought to you byTSUJI GROUP
To Contact:compi@tsuji.ac.jp

Copyright(c)1997 TSUJI Group
Tel:06-6629-6452