辻調グループ校 卒業生ネットワーク Compitum
HOME
辻調グループ校 辻調グループ校
特集・トピックス
日経レストラン「第12回 メニューグランプリ」 辻調グループ校卒業生“グランプリ”、“準グランプリ”を受賞!
 
第14回日経レストランメニューグランプリの決勝戦が、3月13日(木)に東京ビック サイトで行われ、辻調グループ校の卒業生である「フレンチレストラン ドゥアッシュ」(大阪市中央区)の中田貴紀氏(辻製菓専門学校9期生)がグランプリに輝きました。
 

 
<決勝戦レポート>
会場は熱気に包まれていました。
決勝に残った8名の料理・デザートが次々と製作・試食され、いよいよ試食審査。
審査員は以下の7名。
ハチアンドエス・熊谷喜八氏、菊乃井・村田吉弘氏、「トゥーランドット游仙境」・ 脇屋友詞氏、「モンサンクレール」・辻口博啓氏、女優・水野真紀氏、日経レストラ ン編集長・遠山敏之と本校日本料理主任教授・畑 耕一郎。
審査員の方たちからは厳しい講評も飛び出していました。

まず発表された優秀賞。
料理部門は、「アジアンダイニングカフェ」(東京都新宿区)オーナーシェフ、豊島 重義さんの「東京軍鶏肉のレモングラスマリネード ぶなの温薫仕立て」。
アジア料理らしい燻製の香り付けで鶏肉のおいしさを引き立たせていました。
そして、優秀賞のデザート部門は、「restaurant Ryu(レストラン・リュー)」(三重県明和町)シェフパティシエール、小久保恵梨花さんの「和カロン」。
この作品は、審査員からも大絶賛、抜群の完成度で、グランプリ作品と拮抗していたようです。
そして、いよいよグランプリ。
熊谷喜八さんから、中田貴紀シェフ(「フレンチレストラン ドゥ アッシュ」(大阪市中央区)料理長)の名前がコールされました!その瞬間、中田さんはホッとした笑顔を見せました。
そして会場に姿を見せていたオーナーがガッツポーズ。中田さんは、5度目の挑戦でついにグランプリ獲得でした。
司会者から感想を求められると・・・「"感謝"という言葉しか浮かんできません・・・」と、言葉少なに語ったのだが、後でご本人によると、「コメント考えてなかったんで(笑)」とのこと。
賞金100万円の使い道は、「貯金します」と即答。
「現時点の夢は、今の店を日本一にすること」と語っていたが、その先をすでに見据えている中田さんの視線を感じることができました。
 
中田貴紀氏インタビュー

グランプリに輝いた中田貴紀シェフに色々お話を聞きました。

グランプリを受賞した中田貴紀氏  
 
『第10回から毎年5年間応募し続けました。まず何故日経グランプリに応募をしたかというと、書類審査で残ったり、最終に残ると店の名前が出る。一切宣伝広告という行為をしない「2H(ドゥ・アッシュ)」ではすごい宣伝効果になると考えたからです。

ただ何回応募しても書類審査で落ちてしまうので、毎年のグランプリに輝いた作品を研究するようになりました。

それで自分なりに気づいたことは、書類審査では、レシピを見る審査委員により分かりやすいことがポイントだということ、また2次審査では自分以外の人が作り、それを試食審査されるので、大切なことは、レシピが複雑でない、シンプルで作業が簡単であること。これはある意味で誰が作っても出来るという事です。そして当然テーマに合った内容で美味しいこと。

  フレンチレストラン ドゥ アッシュ
   
過去は応募のための作品を考案して試作をして応募をしていました。ところが今回は忙しく時間がなかったこともあって、店で実際に出している既存メニューで応募をしましたが、それが逆に良かったようです。
店のメニューにあるということは仕込み自体あまり時間もかからず、売れていると言うことは美味しい事の証明だからで、きっと辻調で再現されたものも自分が作ったものとほぼ同じであったのだと思います。

運よく最終まで残り東京ビッ クサイトで料理を作りましたが、自信はありましたし、緊張はしませんでした。
会場の設備が初めてのものであっても、普段通りの仕込をし梱包をして、搬入していましたし、30分の制限時間内でトラブルなく盛り付けられるような準備が出来たので、本当に余裕を持って調理することが出来ました。

決勝戦は4つのブースに分かれて10分おきのスタート、今回調子がよかったし、自信もあったので、出来れば1番はじめに作りたかったのですが2番目のスタートでした。
ただ最初にスタートした田子吉伸 さんは少し緊張されていたようでした。

試食審査では、審査員の方たちから厳しいコメントもでていましたが、自分の「スッポンのハンバーグ」は殆ど辛口のコメントはなく、逆に褒めていただいたりしたので、やった、いけると思いました。

  フレンチレストラン ドゥ アッシュ
   
実は一番緊張し、頭が真っ白になったのは、グランプリで名前を呼ばれたときでした。リハーサルで全員にグランプリをとった時のコメントを考えておくようにと説明があり、色々考えていたのですが、すべて真っ白になってしまい、結局感謝の言葉しか出ませんでした。

今回グランプリを手にしたことで、当初の目的の店の宣伝に大きく貢献できたことはとても嬉しく、誇りに思っています。次回も挑戦するかはまだ決めていません。』
 

第2次審査通過後の電話インタビューはコチラ

 

  フレンチレストラン ドゥ アッシュ
中田貴紀シェフがグランプリを手に出来たのは、お店のスタッフの応援があったからで、特に支配人の坂口研二さんは、同じ辻調グループ校の先輩でもあります。坂口さんはコンピトゥムでも大阪、東京でフラワーアレンジメントの講習会を行っていただいているフラワーアレンジメント講師です。
(講習の様子はこちら)

http://compi.exblog.jp/6144665/
 
グランプリを受賞した中田貴紀氏  
中田シェフが勤務する「ドゥ アッシュ」店内はお花で溢れています。きれいなお花に囲まれて中田シェフの色々なお料理を食べたいものです。シェフのポリシーは、シンプル&ストレート、ソースを多用しないとのこと。
よく寿司屋は毎日でも通えると言いますが、週3回は行きたくなるフレンチを目指しているそうです。
 
下記の日経BP社「日経レストランオンライン」サイトにも情報がアップされています。
http://nr.nikkeibp.co.jp/topics/20080313/

また「ユウキ四川賞」を獲得した、広島県福山市の「ビストロ ブール ブラン」藤谷 エイジさんに密着、大会前・当日・決選直後の動画レポートが公開されています。
http://bptv.nikkeibp.co.jp/article/080319/080319128.html
 
TOPICS バックナンバー
■ニューヨーク研修旅行
■外国で活躍する卒業生から東日本大震災の支援活動とメッセージが届きました
■Les Souvenirs d’un voyage 2011 Par Compitum 「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2011」&
  「ボキューズ・ドール 国際料理コンクール2011」応援ツアー

■ボキューズ・ドール 日本代表 中洲達郎氏 壮行会レポート

■コンピトゥム主催 辻調グループ校 創立50周年パーティ 大阪レポート
■Les Souvenirs d’un voyage 2009 Par Compitum パリのマルシェ(市場)とネオビストロ巡り
■第6回中国料理世界競技大会 本校、石川智之助教授、中国料理世界大会で特金賞(最高賞)に輝く!
■研修旅行『アルケッチャーノ』奥田シェフを訪ねて
■ボキューズ・ドールアジア2008佐々木康二氏がアジア予選優勝!!
■第14回日経レストラン メニューグランプリ中田貴紀氏(辻製菓専門学校9期生)がグランプリ受賞!!
■第3回コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs d'un voyage 2008」<パリのお菓子屋さん巡り>
■ボキューズ・ドール国際料理コンクール2009佐々木康二氏が日本代表に選出!!
■フランス3ツ星レストラン"Restaurant PIC" 来日フラッシュメモリー
■第2回コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs d'un voyage 2007」
■開店20周年&出版記念 特別講習会 〜『ポンテベッキオ』の魅力〜
■『オ・グルニエ・ドール』 西原金蔵 氏 新年を祝うフランスの伝統菓子【ガレット・デ・ロワ】講習会 レポート
■―故ベルナール・ロワゾーのエスプリを継承したシェフ―三ツ星レストラン『ルレ・ベルナール・ロワゾー』
 エグゼクティブシェフ パトリック・ベルトロン 講習会 レポート

■教壇から  フランス・ニース 一ツ星レストラン『ケイズ・パッション』オーナーシェフ 松嶋啓介氏
■レストラン『ケイズ・パッション』オーナシェフ 松嶋啓介氏インタビュー
■第3回FOOD FRANCE コンピトゥム特別プログラム 開催レポート
■コンピトゥム総会イヴェント レポート「料理とお菓子とワインのコンセンサス」−Chacun a son gout−
■フランス校1期生同窓会 四半世紀後の“シャトー・ド・レクレール”たち
■中国茶セミナー 講師:谷本陽蔵氏
■新日本料理講習会 講師:高田晴之氏 日本料理 たか田 八祥(岐阜)
■第2回FOOD FRANCE コンピトゥム特別プログラム 開催レポート
■パスカル・ロニヨン(レストラン『ル・ポンドシエル』料理長)講習会
■山根大助氏(調理21期生)イタリア政府よりカヴァリエレ叙勲!
■第2回FOOD FRANCE コンピトゥム特別企画のご案内
■快眠鮮魚ってナニ!?
■地方便り・岡山〜 岡山県のFood Battleってご存知ですか?
■「世代を超えた」辻調グループ校入学生
■日経レストラン「第12回 メニューグランプリ」 辻調グループ校卒業生“グランプリ”、“準グランプリ”を受賞!
■コンピトゥム フランス旅行 「Les Souvenirs dユun voyage」
■『本間るみ子のイタリアチーズ講座』 イタリアチーズ 〜入門〜
■コンピトゥム フランス旅行のご案内
■2005年11月22日 ポール・ボキューズ氏、来校!
■第46回西日本洋菓子コンテスト 参加レポート
■第15回コンピトゥム講習会の報告
■「第2回大阪府洋菓子技術コンテスト」卒業生及び職員の活躍を紹介
■辻調グループ フランス校の専任教授 エメ・ナレ氏とナセルディーヌ・メンディ氏 来校中!
■コンピトゥム愛媛県支部講習会 開催報告
■辻調コンピトゥム 愛媛支部 発足2周年 記念講習会
■日経レストラン 第11回メニューグランプリ 辻調グループ校卒業生が3大会連続グランプリを獲得
■「第5回中国料理大会」辻調グループ校卒業生が「金賞」獲得
■第13回「製菓・製パン分科会講習会」レシピー公開
■「2004世界料理オリンピックドイツ大会」総合順位2位 銀メダルを獲得!!
■特集
■トピックス
     
2017年 辻調グループ校友会 コンピトゥム総会
コンピトゥム会員NET
コンピトゥム公式Facebook
INFOMATION

住所・電話番号など登録情報の変更、メールアドレスの変更などがございましたら、「コンピトゥム会員NET」からログインして変更をお願いいたします。

IDやパスワードをわすれた場合などで、ログインできない場合

compi@tsuji.ac.jp までメールでお問合せください。 その際、メール件名に「コンピトゥム会員NETのIDとパスワード問合せ」、本文に、「氏名(フルネーム)」、「生年月日」、「最終卒業校」、「問い合わせ内容」を明記してお問い合わせください。

 
   
主催イベント・講習会
■イベント情報一覧
■総会
 
辻調情報
■証明書の発行について
■授業料減免制度
 
卒業生情報
卒業生のお店情報
■卒業生の活躍情報
■特集・トピックス
 
入会・会員情報変更
■コンピトゥムとは
■コンピトゥム新規入会申込
■コンピトゥム会員情報の変更
 
開業開店サポート情報
■製菓衛生師試験日程情報
■開業事例集
■役立つリンク集
 
食のコラム
■食のコラム
 
  compitum archive
 
  おいしいネット
 
  ボキューズ・ドール
 
  フランス校
   
  通信教育講座  
   

 ■プライバシーポリシー
辻調グループ校
This Home Page is
brought to you byTSUJI GROUP
To Contact:compi@tsuji.ac.jp

Copyright(c)1997 TSUJI Group
Tel:06-6629-6452